ドイツ語オンライン授業

ドイツ語での時計の読み方(超基礎編)

ドイツ語での時計の読み方(超基礎編)

ドイツ語での時計の読み方に、苦労していませんか?

特に、ドイツ語での普段の会話では、ただ数字をそのまま言っていません。日本語の発想と少し違うので、戸惑う方も多いかと思います。

トーマスは、日本の大学で26年間ドイツ語を教えてきましたが、やはり時計の表現に苦労する学生は多かったそうです。

ドイツ語の資格試験でも、問題数は少ないとはいえ、時計の問題は出されますしね・・・。

大学でのドイツ語試験にも、やはり出てきますよね・・・。

この記事では、時計の読み方の超基礎(〜時、〜時30分、〜時半)の3種類の読み方を、丁寧に紹介していきます。

15分、45分、〜分前、〜分後などの言い方は、別の記事で説明します。

まずは超基礎編で自信をつけていきましょう。そして、ドイツ語での時計の表現は、完全マスターしていきましょう。

試験でもOK!ドイツ語ネイティブと時間の待ち合わせをする時もOK!の状態にしていきます!

動画でネイティブ発音をチェック!

「時計の読み方:超基礎編」の動画を、YouTubeでアップしました。

この動画では、「〜時」「〜時30分」「〜時半」の言い方の説明をしています。

特に、「〜時半」のドイツ語の言い方は厄介です。映像で確認すると、少しわかりやすくなるかもしれません。

兎にも角にも「数字」

ドイツ語の数字の言い方を忘れてしまった方は、こちらも参考にしておいて下さい。

数字に見られる ei や ie や eu の二重母音も、取り上げています。

なんとか覚えやすいように、いろいろ提案しています。

〜時(1時、2時・・・)

「1時」のように、ちょうど0分の場合には、数字の後にUhrをつけるだけです。

ただ!1時だけは要注意です。

1 はドイツ語でeinssが入りますが、後にUhrを言う時には、einsにsはつけません。

ココに注意

1時 → ○ ein Uhr,  ✖️ eins Uhr

2時以降は、そのまま言って大丈夫です。

時計

1時:ein Uhr

2時: zwei Uhr

3時: drei Uhr

4時: vier Uhr

時計

5時: fünf Uhr

6時: sechs Uhr

7時 :sieben Uhr

8時 :acht Uhr

時計

9時: neun Uhr

10時: zehn Uhr

11時: elf Uhr

12時 :zwölf Uhr

〜時30分(1時30分、2時30分・・・)

〜時30分(1時30分、2時30分・・・)

「〜時30分」と言う場合、Uhrの後に、30のドイツ語 dreißigをつけるだけです。

「分」を表すドイツ語 Minuten は言わなくても大丈夫です。

時計

 

 

 

 

1時30分:ein Uhr dreißig

時計

 

 

 

 

2時30分:zwei Uhr dreißig

時計

 

 

 

 

3時30分:drei Uhr dreißig

時計

 

 

 

 

4時30分:vier Uhr dreißig

時計

 

 

 

 

5時30分:fünf Uhr dreißig

時計

 

 

 

 

6時30分:sechs Uhr dreißig

時計

 

 

 

 

7時30分:sieben Uhrdreißig

時計

 

 

 

 

8時30分:acht Uhr dreißig

時計

 

 

 

 

9時30分:neun Uhr dreißig

時計

 

 

 

 

10時30分:zehn Uhr dreißig

時計

 

 

 

 

11時30分:elf Uhr dreißig

時計

 

 

 

 

12時30分:zwölf Uhr dreißig

〜時半(1時半、2時半・・・)

ここまでは、比較的簡単に理解できたと思います。

少し複雑になるのは、ここからです。

日本語の場合「〜時半」

日本語で「30分」のことを「半」とも言いますよね。例えば、2時30分のことを「2時半」とも言います。

先に「2時」、そして「半」と言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは「2時から30分過ぎた」ことを表しています。

日本語では、2時30分は2時台になるのですよね。

ドイツ語の場合 「halb + 時間」

ドイツ語の場合 「halb + 時間」

ドイツ語の場合でも「〜時半」の言い方は、普段の会話でよく使います。

ドイツ語では、「半分」という意味のhalbを使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

要注意なのは、ドイツ語では「2時半」のことを「3時になるまで後30分」と考えるのです。

「2時30分」は日本語では2時台、ドイツ語では3時台、を中心に考えていると言ってもいいのかもしれません。

ドイツ語では先にhalbと言い、その後で、時間を言います。

 

 

 

 

 

つまり、2時半はドイツ語で、halb drei と言います。

 

時計

 

 

 

 

1時半:halb zwei

時計

 

 

 

 

2時半:halb drei

時計

 

 

 

 

3時半:halb vier

時計

 

 

 

 

4時半:halb fünf

時計

 

 

 

 

5時半:halb sechs

時計

 

 

 

 

6時半:halb sieben

時計

 

 

 

 

7時半:halb acht

時計

 

 

 

 

8時半:halb neun

時計

 

 

 

 

9時半:halb zehn

時計

 

 

 

 

10時半:halb elf

時計

 

 

 

 

11時半:halb zwölf

12時半は、halb eins になります。この場合は、eins の最後の s もつけましょう。

時計

 

 

 

 

12時半:halb eins

まとめ

今回は「時計の読み方:超基礎編」をやりました。

「〜時」「〜時30分」の読み方は、数字をしっかり覚えている方は、楽勝だったと思います。

でも「〜時半」の表現には、少し慣れが必要ですね。

ネイティブは普段の会話で本当にこの表現を使っているので、マスターしておいた方がいいですね。

難易度が数段上がってくる「15分」「45分」「〜分前」「〜分後」などの言い方は、別の記事にまとめました。

それにしても、言語によって、時計の見方が違うなんて、面白いですよね。頭の体操にもなりそうです。

今回の記事はいかがでしたか?気に入っていただけましたら、以下をポチッと押していただけるととても励みになります。どうぞよろしくお願いします。

おすすめ記事

1

おすすめのドイツ語辞書(電子辞書・紙辞書) 長い記事になってしまいましたので、お時間のない方のために、先に結論をお伝えしておきます。 じっくり比較して、自分に最適なドイツ語辞書を見つけたい方は、どうぞ ...

2

【2021年】ドイツ語のおすすめ無料オンライン辞書 2021年度のオススメのドイツ語辞書(電子辞書・紙辞書)の記事を書きましたが、やはり初期費用がかかりますから、ちょっと敷居が高く感じる方もいらっしゃ ...

-ドイツ語オンライン授業

© 2021 ドイツ語ライダー:Galaxie AZ(ギャラクシー・アー・ツェット)